FC2ブログ

ブログトップ > 世說新語 > 宅!おたく

宅!おたく


夜晚的中港路上,本來是要去享受難得的珈啡時光,一時興起,就趴在橋邊開始照相了。

用這張照片來解釋"宅"這個字是有我的理由的。儘管這照片完全不能顯示宅這個字。


根據維基的解釋,宅這類字眼解釋如下:


『おたく』の研究




「漫画ブリッコ」をネット検索すると、一番多くひっかかるのが、やはり「おたく」という単語の起源として取り上げられているものになります。


正直、「漫画ブリッコの世界」で、この部分を取り上げるのは気が引けていました。というのも、この単語は、その後あまりにも「成長しすぎてしまった」からです。
うかつに取り上げるのが正直、怖くもありました。


しかしながら、「漫画ブリッコ」のサイトをやっている以上、やはりこのことについて触れないのは、片手落ちのような気がします。


そこで、ここでは批判も予測しつつ、「『おたく』の研究」全文を載せることにしました。


「『おたく』の研究」は、ミニコミ誌「東京おとなクラブ」の「漫画ブリッコ」内での出張版「東京おとなクラブJr.」の1コーナーとして、中森明夫氏が連載をスタートさせました。
その内容は、当時人気だったアニメ「ヤマト」や「ガンダム」、「カリオストロの城」などに夢中になる若者たちを徹底的に揶揄したもので、当然のように「ブリッコ」読者からは猛反発を受け、3回で連載を中断させざるを得なくなりました。
(「『おたく』の研究―総論」は、江冶ソン太氏なる人物による)
しかしその後、この「おたく」という単語は徐々に浸透してゆき、インターネット時代の現在、日本の文化の一部を端的に表す語として、世界中で認識されるにいたっています。

ここでは、その「おたく」という単語の起源となる「『おたく』の研究」に「資料的価値」があると考え、全文を掲載しています。


改めて言うまでもありませんが、『おたく』の研究―総論 を除き、全ての文章の著作権は、中森明夫氏にあります。


 




もちろんこうした形での紹介に対して、異論をお持ちの方もいらっしゃると思います。


ご意見、ご感想、ご叱責など、掲示板の方までお待ちしております。


?????????????????


很好,相信大家都沒有辦法看完這些日本人在唬爛什麼


但不能不承認,宅,這個字眼在2007年這年已經溶入了我們的生活。一不小心,我們就會被人冠上宅這個字。


老實說,我覺得我一點都不宅,我週遭實體的人際互動實在不可不說是泛濫到爆,真要找個自己獨處的時間還亂不容易的。可以一個人悠哉悠哉地喝杯咖啡原則上是一件很奢侈的事情。更別提是文學大爆炸的來個文學之旅。


所以我覺得,我一點都不宅。


但昨天晚上去拍中港路的路景,在暗暗的天橋上,當我認真的在構圖時,每一路過的行人都用一種唉,又是一個宅男??的眼神看過來。


我寃啊??


簡單來說,宅,應該是一種欠缺實體人際互動的狀況,大致上來說,當一個人老是窩在自己的小圈圈內時,就很容易被批評說:厚,你怎麼這麼宅。


但我宅嗎?我只是一個人形單影隻的在暗暗的天橋上照相而已,沒有閃光燈沒有朋友,穿著涼鞋七分褲,登山外套大襯衫,只有相機陪著我.........這樣很宅嗎?


唉??我一點都不宅啦??



PS:話說回來,全世界不是都在鼓勵在地老化嗎?為什麼宅化就被人加之否定呢?


宅,難道不也是一種在地老化嗎?


就是老的快一點了,這樣也不行嗎?吼??反對啦!


主張大法官釋憲啦,援引憲法第二十三修廣泛的行為自由來保障宅的權利。

スポンサーサイト



コメント

我是個宅男

宅... 每人定義不同 . 我覺我是個宅男 , 但大家却都不認為....

2007年11月10日(土)01時45分00秒|URL流川楓 #-|編集Λ

hum... 當時我沒拿相機拍, 表示我不宅? Orz

2007年11月05日(月)12時17分47秒|URL|Barlos #-|編集Λ

註:大致上只要憲法上找不到明確的自由法源,解釋上,都會用第二十三條來解釋自由的依據。在不違反憲法第二十三條的前提下,基本上只要是一個完整人格所須的自由,都是被保障的。
如,照相的自由,呼吸的自由,摳腳Y的自由,看漫畫時掏耳朵的自由,etc...

2007年10月31日(水)18時17分10秒|URL|約克夏飼主 #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://chenway.blog8.fc2.com/tb.php/225-c5ad87f7

profile

約克夏飼主

  • Author:約克夏飼主
  • 汪!
entry
comment
trackback
archive
category
form
rss
link
copyright
Author by 約克夏飼主

Designed by マンゴスチンw

Said to be